So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 共喰い あらすじ キャスト [共喰い]

2013年9月7日 (土) 公開

共喰い 

監督

青山真治

脚本

荒井晴彦

原作

田中慎弥

キャスト

菅田将暉 《篠垣遠馬》

木下美咲 《千種》

篠原友希子 《琴子》

光石研 《遠馬の父》

田中裕子 《仁子》

ほか

【送料無料】東京公園 [ 三浦春馬 ]

【送料無料】東京公園 [ 三浦春馬 ]
価格:3,468円(税込、送料込)



あらすじ・ストーリー

昭和63年の夏、山口下関市。

川辺と呼ばれる地域に篠垣遠馬は住んでいた。

産みの母、仁子は川一本隔てた魚屋で一人暮らしをしている。

戦争中、空襲に遭い、左腕の手首から先を失った仁子は、

戦争が終わってから数年後、父の円と出会い結婚した。

その時、彼女は知らなかった、円が性交の時、女を殴りつける癖があることを。

遠馬が生まれてから、仁子は籍を抜かぬまま、遠馬を家に残して魚屋に移り住んだ。


17歳の誕生日を迎えたその日、遠馬は千種と社の神輿蔵の中で性交を行った。

父と同じように性に溺れる自分を嘆く遠馬。

「馬あ君は殴ったりはせんやん」 「殴ってから気がついても遅いやろうがっちゃ」


いま円と遠馬と一緒に住んでいるのは琴子だ。

飲み屋街の店に務める琴子は、円に殴られ、よく頬や目の周りに痣を作っていた。

ある日、琴子は遠馬に赤ちゃんができたことを報告する。

「馬あ君は承知してくれるかいねえ」 「なんでそんなこと俺に訊かんといけんの?」

遠馬は家を飛び出すと千種を神輿蔵へ呼びつけ、千種を押し倒す。


祭の前日、大雨の中を琴子は出ていった。

家へ戻って来た父に、遠馬は琴子がもう家へ戻らないことを教える

「わしの子、持ち逃げしやがってから!」下駄をはき、

琴子を探しに飛び出した円は、遠馬を待つ千種がいる神輿蔵へと向かっていく・・・・・。


関連情報

田中慎弥さんの第146回芥川賞に輝いた同名小説を、

『東京公園』青山真治監督が映画化した人間ドラマです!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。