So-net無料ブログ作成
検索選択

オンザロード 映画 公開日 [オン・ザ・ロード]

2013年8月30日 (金) 公開

オン・ザ・ロード 

監督

ウォルター・サレス

脚本

ホセ・リヴェーラ

キャスト

サム・ライリー 《サル・パラダイス/ジャックケルアック

ギャレット・ヘドランド 《ディーン・モリアーティ/二ール・キャサディ》

クリステン・スチュワート 《メリールウ/ルアンヌ・ヘンダーソン》

キルスティン・ダンスト 《カミール/キャロリン・キャサディ》

ヴィゴ・モーテンセン 《オールド・ブル・リー/ウィリアム・バロウズ》

ほか





あらすじ・ストーリー

人生のすべては路上にある。

父の死を引きずり、鬱屈した日々を過ごしていた若き作家・サル・パラダイスの人生は、

1人の男の出現によって一変した。

自分や作家仲間たちのような"退屈な知識人"とは真逆の存在で、

社会の常識やルールに全く囚われない奔放な男・ディーン・モリアーティ。

ドラッグを貪る刹那的なまでに型破りなその生き方と、

彼の美しい幼妻メリールウに心奪われたサルは、

彼らと共にニューヨークを飛び出し、広大な大地を放浪する。

さまざまな人々との出会いと別れを経験しながら、

自由を謳歌するこの上なく刺激的な"路上の日々"。

だが、そんな日々は長くは続かなかった・・・・・。


関連情報

世界中のアートや思想に決定的な影響を与えた

ジャック・ケルアックの不朽のビート文学を完全映画化。

ジャック・ケルアックが1957年に発表した 『路上/オン・ザ・ロード』 は、

1950年代アメリカのビート・ジェネレーション文学の代表作であり、

その後のカウンターカルチャーの時代に"ヒッピーの聖典"となった青春小説の名作です!

この小説は膨大なエピソードが浮かんでは消えていく異色の構成ゆえに、

映画向けの脚色が極めて困難とされてきましたが、

ウォルター・サレス監督と脚本家のホセ・リヴェーラは、

原作の核となるエッセンスとスピリットを忠実に抽出。

サルやディーンが発する重要なセリフを引用しながら、そこに息づく感情を繊細にすくい取り、

まさしく完全映画化と呼ぶにふさわしい仕上がりになっているそうです!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。